テーマ:ライブドア

オルタナティブ無き民主党、瓦解のへの道

民主党がホリエモンメールのガセをつかまされて右往左往している。この「メール問題」については、少し前に書いたが、民主党の未熟さというか脳天気さにはあきれる他はないと思った。多くの国会議員を要する政党とは思えないほどの政治音痴である。 そして、今回のメール騒動について、何故? と考えてみたところ、ひとつの結論を得た。 民主党には…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

信じられないこと(ライブドア問題にカルトを感じる)

ライブドア偽計・風説の流布問題は、堀江社長以下4名の逮捕によって、局面が大きく展開したが、今後は「なにが悪いのかわからない」と本当に思っているらしい堀江社長以下のライブドア経営陣が国家と法の壁の隙間を穿つか(そんなことができるのか)、検察・国家がいかにこの「市場原理」の子供達の犯罪性を立証していくかが焦点になるのであろう。 資本主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューザーとライブドア、暗部は同じ

小泉劇場は破綻のうちに幕が下ろされそうである。というより、「劇場」のセットが崩れはじめ、客が帰り始めている感じである。「金返せ!」という怒声が飛ぶのももうすぐか? ライブドアへの一斉捜査は、耐震偽装と政治家とのかかわりから、目をそらすには成功したようだ。ヒューザーの小嶋代表があれほど証言拒否を繰り返しているのに、なんとなく、問題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミはなぜ? ライブドア問題に傾斜したか?

「風説の流布」「株式分割」と「株式交換」。株と縁のない者にとっては馴染みのない言葉である。まあ、「風説の流布」はなんとなく意味が分かるが、一企業が行ったそれらの行為について、これほど大きく取り上げられる必要があるのか? 確かにホリエモンは芸能人並の知名度があるが、それならばそれは「芸能ネタ」ではあるまいか? 大物歌手・芸能人による犯罪と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more