労組の責任は重大。 三菱自工、燃費改ざん。2000年のリコール隠しから変わらぬ企業の体質

三菱自工の大々的な燃費データ不正。2000年のリコール隠しでは、事故死者を生み社会的に批判にさらされていたが、いつの間にか、ごまかし企業体質が復活していたようです。 三菱自工は2000年のリコール隠し問題で企業危機に陥りました。そのときに最も企業の「再建」に協力したのが企業内組合である「全三菱自動車・三菱ふそう労働組合連合会」(連合・自動車総連)です。一時金のカットや給与の抑制などで、経営…

続きを読む

企業内組合による、選挙投票への圧力は明らかにおかしい。

参議院選挙の投票日が近づいてきました。貴重な一票です。自分の思うとおりの候補者に投票したいものです。 しかし、企業内組合では、そのような自由投票ができない状況もあります。労働組合から組織内候補に投票するように強力な働きかけが行われる場合があります。会社組織と一体化した企業内組合(しかもユニオンショップ組合で、全社員が入社とともに加入しなければならない組合の場合)は、特定候補への投票があたか…

続きを読む

メーデーは5月1日に行ってこそ。

日本で最も大きな労働組合組織である連合によるメーデーが本日行われました。東京では代々木公園に4万2千人(主催者発表)が集まったとされていますが、実数はかなり少ないと思われます。 5月1日には全労連(代々木公園)や全労協など左派組合(日比谷公園)がメーデーを行います。この二つの団体が開催するメーデーへの参加者は連合主催のメーデーよりも多いと予想されています。 連合は、結成以来「メーデー…

続きを読む

「世界のトヨタ」の企業姿勢が問われ始めている

 トヨタといえば、世界に冠たる日本企業である。「TOYOTA」の文字を見ないところ、その製品がない所など世界にはない。  しかし、いまトヨタの遵法精神が大きく問われている。    昨日、欠陥があると知りながらRV車を販売し続けて、8年間リコールを怠り続けてきたという問題が報じられた。 朝日新聞は次のように伝えている。 ---------------------------- トヨ…

続きを読む