連合の3.11「2周年談話」に驚き。原発の「げ」の字も無い。連合は原発事故も「風評被害」とする?

3.11東日本大震災から2年が経過しました。 未だに進まない被災地の「復興」(しかし、被災地以外では便乗とも言える「復興予算」が消化され続けています)、いつになるのか?それは可能なのか全く目処が立たない原発事故後の処理(除染、核燃料処理)、そして大震災以降、これを政治的に「国土強靱化」などという言葉で塗り固め、新たに原発を容認しかつ輸出座産業としようとする安倍政権の動向などを目の当たりにす…

続きを読む

中国の高速鉄道導入者たちと、日本の「原発村」は大差ない。ともにネットを監視。あわよくば証拠隠滅。

資源エネルギー庁が、原発に関連するネット上の記事を監視していたというニュースに接して、あきれるばかりです。 要するに、国の機関が予算(税金)を使って、原子力村の財団法人などに「監視」を依頼し(つまり税金を電力会社や天下りに渡し)、そして・・・ --監視により「不正確または不適切な情報」が見つかった場合は、原子力の専門家などのアドバイスをもとに、同庁HPに、その情報を打ち消すような内容を掲…

続きを読む

電力会社の「やらせ」「動員」は、今に始まったことではない。マスメディアは原発問題責任者としての自覚を

玄海原発運転再開について、九州電力が行った「やらせメール問題」は、九州電力の社長が謝罪する状況になっています。3月11日以降、大臣やら電力会社社長やら・・・・、日本の中枢にいる者たちの謝罪は後を絶つことがありません。 いくら電力会社の役員・幹部や閣僚、官僚が謝罪したところで、原発事故は進行中であり、被害は日々拡大中。「謝罪」をするなら過去に得た報酬の大半を返上したらどうか? と思います。い…

続きを読む

原発推進を掲げている企業内全体主義の「連合」は、労働者のために何をしたのか?

政権交代を目指し、総評、同盟、中立労連、新産別などの再編によって1989年に結成された連合(日本労働組合総連合会:組合員680万人)、結成20年にして民主党政権が樹立することになって、当初の最大の目標は果たされたことになりますが、その結果はどうだったのでしょうか? 「格差社会」「ワーキングプア」問題などと深く関係し、労働分野での課題であった派遣労働者問題ひとつとっても、連合はきわめて消極的…

続きを読む

6月11日の脱原発行動、夕刻の新宿西口は1万人超の脱原発の声。

昨日(6月11日)は東日本大震災発生から3ヶ月ということで、全国いや世界各地で様々な催しが行われました。 大震災は、地震と大津波による広範囲で大規模な破壊・人命の喪失という被害、そしてその一つではあるがきわめて深刻な東電福島原発の事故・爆発的破壊に特徴付けられます。 このため、震災3ヶ月の催しは失われた命を追悼する催し、大津波・地震による破壊からの復興に向けた催し、原発事故に関連しての脱…

続きを読む

連合(古賀会長)の菅直人降ろしは、東電の代弁としか思えない。

日本最大の労働組合である「連合」の古賀会長が菅首相に対して「現下の政治状況に憂慮を感じざるを得ない」などと退陣を促したといいます(以下6月11日、読売新聞サイトより)。 「連合の古賀伸明会長は10日、首相官邸で菅首相と会談し、首相の退陣時期を巡る混乱について早期退陣を念頭に収拾を促した。民主党最大の支持団体である連合のトップが首相の決断を求めたことで、首相包囲網は一段と狭まった」 首…

続きを読む

東電救済? になりかねない大連立はNO! 6月11日には、様々なアクションを。

「菅降ろし」は、けっきょく自民・公明、そして民主党「小沢組」(「派」とか「グループ」よりも「組」と言った方が良い感じです)の目論見が外れ、菅首相がしばし「続投」ということになりました。 国民の多くは「菅はダメ」と思いつつ、しかし他にろくなのはいないので、菅政権は「最小(宰相)不幸」と我慢していました(ほんと、麻生政権でなくて良かった、かの政権ならいまだ原発事故情報のほとんどが隠されているか…

続きを読む

6.11 脱原発を求める100万人アクション。全国でさまざまな企画。東京都心はデモが3カ所

東電・福島原発事故から3ヶ月に当たる6月11日(土)は、「脱原発を求める100万人アクション」の日として、全国各地で150以上(6月10日現在)の様々な取り組み(デモ・パレード、集会、シンポジウム、学習会、コンサートなどなど)が行われます。 これら企画については以下のHPが集約していますので、ぜひご覧ください。 http://nonukes.jp/wordpress/ 東京都心部で…

続きを読む

「マスコミ」って東電など広告主の広報・マスメディアという、当たり前のことがよくわかる昨今。

東電、福島原発は、結局地震直後に1から3号機がメルトダウンしていたことが明らかになりました。そして、いまもそれらの原発はきちんと制御できておらず、ひたすら注水冷却(従って汚染水の止めどもない発生が続いています)という段階にあります。 中でも、危険なプルトニウムを使用するプルサーマル発電を行っていたといわれる3号機は危険な状態が続いています。地震発生から今日までの事実経過を知るにつけ、東電や…

続きを読む

大震災2ヶ月、嘘に固められた原発は、日本に幻覚を見せてきた麻薬。

東日本大震災の発生から2ヶ月。 地震・津波被災地は、多くの人が生家・故郷を離れ不便な生活を続けています。地震活動も沈静化に遠く、「M8クラスの最大余震はこれから」「他地域での大地震の連動」など、予断が全く許されない状況が続いています。 それにしても、東電の原発事故に関連して次から次へと出てくる、嘘・事故隠し・ごまかしには怒りを感じるよりも、「この期に及んでも、ここまでするか」とあきれ果て…

続きを読む

5月7日、原発やめろ!渋谷デモは、雨の中でも1万人の参加で大成功。

5月7日、代々木公園から原宿-表参道-渋谷という反原発デモ(原発やめろデモ)が行われました。 呼びかけは先に高円寺デモを成功させた「素人の乱」などの人々。 参加者は思い思いに反原発、脱原発、原発卒業のスローガーンや歌などでデモでアピールしました。 会場(集合場所)が代々木公園の「ケヤキ並木」という、初めての人には、ややわかりにくい場所でしたが、それでもデモ開始前には公園内で5000人程…

続きを読む

世論調査では、原発肯定が依然として多数派? でもパンドラの箱のふたは開いた。「がんばれマスコミ」!

昨日の東京新聞朝刊「こちら特報部」では、マスコミ各社の原発についての世論調査をとりあげていました。原発事故が進行中の調査ですが、原発の今後について「廃止・減らす」よりも「増設・現状維持」の回答が10ポイント以上上回っている調査結果も出ています。 共同通信(3月26~27日調査):廃止・減らす 46.7%、増設・現状維持 46.5% 読売新聞(4月1~3日):廃止・減らす 41.0%、増設…

続きを読む

最悪の事態の中で、東電の労使は事態を明らかにすべきだ。

東電、福島発電所の事故はいまだ最悪の状態です。事故発生当時の東電や政府の説明、1週間後の説明、そして1ヶ月が経過した現在の説明を比べてみれば、事故発生当初から東電は一貫して事実を明らかにしておらず、気休めにもならない「安定」「沈静化」を言い続けてきたことがわかります。 私たちは、原発事故の事態の進行(悪化)に伴って、原発事故報道に「慣れた」だけで、実はこれが怖い。最も危険な状況にいたっているに…

続きを読む