衆院選、自公大勝? というより、リベラル野党が存在感を増したという見方。

10月22日に開票された衆院選挙の結果、自公の圧勝のように報じられています。たしかに与党の310議席超えという数字を見ればそのとおりですが、前回の自公圧勝とはいささか中身が異なっています。 まず、前回は安倍政権に対する支持率が高かったのに比べ、今回は低いということがあります。立憲民主と希望の票の取り合いが自公に極めて有利だったということは、裏を返せば、票の取り合いがなかったら自公は勝てなか…

続きを読む