テーマ:労働組合の会計監査

組合結成を阻害する労働組合法の大問題(少人数組合でも公認会計士を必要とされる不利益)

一般的にはあまり論議になることはないのですが、労働組合作りの相談を受けるときなどに問題となることに、労働組合法第五条2項の七には以下のような条文があります。 「すべての財源及び使途、主要な寄附者の氏名ならびに現在の経理状況を示す会計報告は、組合員によって委嘱された職業的に資格のある会計監査人によって正確であることの証明書とともに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more