テーマ:原子力発電

7.29脱原発国会大包囲について。(拡散希望)

首都圏反原発連合主催の 7.29脱原発国会大包囲について、転載します。 日時:2012年7月29日(日) 集会:15:30〜16:30 デモ出発:16:00(集会の途中からデモだしを始めます)国会包囲:19:00 終了予定:20:00 集合場所:日比谷公園中幸門(日比谷公会堂裏) *19:00より国会議事堂正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府と東電の馴れ合い、家庭向け電力料金8.5%値上げに大反対!

政府が、東電の家庭向け電力料金の8.5値上げを認めるといいます。 以下、毎日新聞サイトから。 ------------------ 東京電力の家庭向け電気料金値上げ申請を巡り、枝野幸男経済産業相と松原仁消費者担当相は18日、非公式に協議し、値上げ幅を8.5%前後に圧縮する方向で大筋合意した。(中略)値上げの実施は利用者への周知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発比率公聴会の茶番、これが数限りなく繰り返され原発事故を生んだ。そして、いまこそ東電の倒産整理を!

政府が発電量に占める将来の原子力発電比率について国民の意見を聞くという公聴会(以下、原発比率公聴会)の行い方について、政府を批判する意見が多く出ています。 そもそも、この公聴会の意味は何か? いまだに東電福島原発事故の重要なデータが東電によって隠され、また福島第1原発の1~4号機の正確な現状すら伝わってこないのに、そして各地の原発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発ゼロのに日、原発の嘘を再確認する。

今日、2012年5月5日に北海道の泊原発が点検のため発電を休止し、日本で原発はすべて稼働していない状態になる。これが「一瞬」のことなのかどうか? それは今後のことですが、この記念的な日に、原発の嘘を再確認してみます。 原発をめぐっては、歴代政府やマスコミ、そして何よりも電気・原子力産業とそのお抱え学者達があまりにも多く嘘をつき続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田民主党政権の東電への配慮は度が過ぎているが、こんな政権を生む、日本はやはり劣化している?

東電が電気料金を値上げするといいます。 政府も、一般家庭の(10%)程度の値上げを容認するようですが。福島原発事故について,東電や「原子力ムラ」や政府関係者の責任が全くとられていない中での、この値上げ容認は納得できません。民主党はなぜもこんなに東電に配慮するのでしょうか。 以下、朝日新聞の記事 ---------- 政府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9/19 さよなら原発全国集会について

すでに多くのWebサイトに掲載されていますが、9月の「脱原発1000万人アクション」の一環として行われる、9月19日の中央集会について、以下に掲載します。 さよなら原発9/19全国集会 日時:9月19日(月・国民の休日)  13時~14時10分 会場:明治公園 デモ(パレード)  Aコース:明治公園~代々木公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の高速鉄道導入者たちと、日本の「原発村」は大差ない。ともにネットを監視。あわよくば証拠隠滅。

資源エネルギー庁が、原発に関連するネット上の記事を監視していたというニュースに接して、あきれるばかりです。 要するに、国の機関が予算(税金)を使って、原子力村の財団法人などに「監視」を依頼し(つまり税金を電力会社や天下りに渡し)、そして・・・ --監視により「不正確または不適切な情報」が見つかった場合は、原子力の専門家などのアド…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

松本龍復興担当相は、はまるで自民党政権末期の泡沫・世襲政治家。

松本龍復興対策担当相の放言が問題となっていますが、この人物の立ち居振る舞いを見るにつけ、「なってはならない人」との感を持ってしまいます。 祖父は、全国水平社運動、そして今日の部落解放同盟の基礎をうちかため、差別と闘い続けた松本治一郎(ただし、治一郎の養子である松本英一の息子)ですが、この松本龍氏のどこに、差別と闘い、苦しい生活を続…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原発推進を掲げている企業内全体主義の「連合」は、労働者のために何をしたのか?

政権交代を目指し、総評、同盟、中立労連、新産別などの再編によって1989年に結成された連合(日本労働組合総連合会:組合員680万人)、結成20年にして民主党政権が樹立することになって、当初の最大の目標は果たされたことになりますが、その結果はどうだったのでしょうか? 「格差社会」「ワーキングプア」問題などと深く関係し、労働分野での課…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連合(古賀会長)の菅直人降ろしは、東電の代弁としか思えない。

日本最大の労働組合である「連合」の古賀会長が菅首相に対して「現下の政治状況に憂慮を感じざるを得ない」などと退陣を促したといいます(以下6月11日、読売新聞サイトより)。 「連合の古賀伸明会長は10日、首相官邸で菅首相と会談し、首相の退陣時期を巡る混乱について早期退陣を念頭に収拾を促した。民主党最大の支持団体である連合のトップが首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6.11 脱原発を求める100万人アクション。全国でさまざまな企画。東京都心はデモが3カ所

東電・福島原発事故から3ヶ月に当たる6月11日(土)は、「脱原発を求める100万人アクション」の日として、全国各地で150以上(6月10日現在)の様々な取り組み(デモ・パレード、集会、シンポジウム、学習会、コンサートなどなど)が行われます。 これら企画については以下のHPが集約していますので、ぜひご覧ください。 http://n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災2ヶ月、嘘に固められた原発は、日本に幻覚を見せてきた麻薬。

東日本大震災の発生から2ヶ月。 地震・津波被災地は、多くの人が生家・故郷を離れ不便な生活を続けています。地震活動も沈静化に遠く、「M8クラスの最大余震はこれから」「他地域での大地震の連動」など、予断が全く許されない状況が続いています。 それにしても、東電の原発事故に関連して次から次へと出てくる、嘘・事故隠し・ごまかしには怒りを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月7日、原発やめろ!渋谷デモは、雨の中でも1万人の参加で大成功。

5月7日、代々木公園から原宿-表参道-渋谷という反原発デモ(原発やめろデモ)が行われました。 呼びかけは先に高円寺デモを成功させた「素人の乱」などの人々。 参加者は思い思いに反原発、脱原発、原発卒業のスローガーンや歌などでデモでアピールしました。 会場(集合場所)が代々木公園の「ケヤキ並木」という、初めての人には、ややわかりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発を推進してきて、そしてメーデー自粛。連合は労働組合をやめたらどうか?

日本最大の労働組合団体である「連合」(日本労働組合総連合会)が、4月29日に行う中央メーデーのデモを取りやめました。また、参加人員も昨年の3万5千人から1万人規模にするということです。 以下、朝日新聞のサイトから ---------------- 自粛の波、メーデーにも 連合本部、デモ行進見送り  東日本大震災による自粛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世論調査では、原発肯定が依然として多数派? でもパンドラの箱のふたは開いた。「がんばれマスコミ」!

昨日の東京新聞朝刊「こちら特報部」では、マスコミ各社の原発についての世論調査をとりあげていました。原発事故が進行中の調査ですが、原発の今後について「廃止・減らす」よりも「増設・現状維持」の回答が10ポイント以上上回っている調査結果も出ています。 共同通信(3月26~27日調査):廃止・減らす 46.7%、増設・現状維持 46.5%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月10日に反原発集会・デモ(東京・芝公園~中部電力東京支社~東京電力本社~銀座~常磐橋公園)

以下のとおり、4月10日(日)13時からに反原発集会・デモが予定されています。(記事転載) 浜岡原発すぐ止めて! 4・10東京―市民集会&デモ ~切迫する東海地震・放射能は首都圏直撃・止めても大余裕の中部電力~ 2011年4月10日(日) 場所 芝公園 23号地    (都営地下鉄三田線御成門駅下車 徒歩5分) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルマ・シャン州の地震に関する続報、在日ビルマ人団体による東日本大震災への取り組みなど

まず、ビルマのシャン州における地震被害の最新報です。情報は「ビルマ情報ネットワーク」によります。 ------------------ 国連人道問題調整事務所(OCHA)などによれば、3月24日にシャン州で起きた地震により3,000人以上が家を失った。現地の情報筋は少なくとも150人が死亡したとしている。 (3月31日イラワデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルマの軍政と東電は同じ体質。プルトニウム汚染が懸念されるいま、東電労組は自ら情報を公開を!

3月24日、ビルマ(ミャンマー)のシャン州でM6.8の地震があり多くの建物が壊れ、少なくとも80名の死者が出たとのことです。震源はタイ北部の街チェンライから北へ55マイル(89キロ)の地点。 ビルマでは軍政(軍事独裁政権)が極端に情報を隠すため(また、民主化運動弾圧や少数民族抑圧ため以外の情報分析能力もない)、正確な被害はわかりま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福島原発事故を全く無視して語らない、日本最大の労働組合組織「連合」

日本最大の労働組合組織である「連合」(日本労働組合総連合会)が、いま深刻な問題となっている福島原発の事故について、事故発生から2週間近くが経っているのに触れようとしていません。これは異常・異様なことです。これほど社会的関心を集めている事故を取り上げない日本最大の労働組合とはいったい何なのでしょうか? 一方、被災者救援のための取り組みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「電力バブル」の崩壊、その怪しげな「安全神話」。

「電力バブル」ともいうべきものが崩壊しました。 「電力バブル」は、1980年代後半から90年代初頭にかけての「土地・不動産バブル」、2008年秋までのUSAでの不良債権バブル(サブプライムローン仁象徴される)に匹敵するか、それ以上と思えます。 これらの「バブル経済」は、その基礎に、どう考えてもおかしいもの(怪しいもの)があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計画停電の無計画性はともかく、深刻なのは原発事故。そして責任が問われる「原発安全神話」を支えた者達

東日本大震災は、津波による大きな被害(一瞬にして多くの人命が失われたことについては、悲しみ、哀悼の意をどう表して良いのかもわからないほどです)とともに、福島原発の爆発・火災・放射能漏れという前例を見ない大事故が引き続くという事態が起こっています。計画停電はこの原発事故の副産物のようなものですが、この計画停電についても東京電力側の不手際が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more