安倍緊急宣言内閣(非常時内閣体制)の「ナチスの手法」を警戒すべき。ウイルスには「知」の集積で対応を!

安倍政権の特徴は、徹底的な「知」の排除。そして、「神話・愛国」的な思考です。それはきわめて主観的な民族主義であり、その上に立ち、軍事力と権力の強化が追求されています。安倍首相の盟友である麻生副首相は「ナチスの手法」を見習えとまで放言しましたが、今の安倍政権は、止まらないデータ改ざん、金権腐敗、嘘の繰り返しで、まさに満身創痍。頼みの綱の取り巻き人士も、次々と消えていっています。安倍・麻生「ナチスの…

続きを読む

コロナウイルス対策の年次有給休暇消化?!年次有給休暇制度の悪用ではないか?

新興感染症(新たな肺炎コロナウイルス)問題。いっこうに基礎情報とデータが明らかにならず、センセーショナルなマスメディア情報が先行しています(マスメディアは視聴率、WEB情報はカウント数をあげるために、センセーショナルな情報提供をします)。 そして、安倍内閣は、突如、全ての小中高校の休校という措置を行いました(なんでも「首相の指導」によるものらしい。独裁国家なみの決定です)。 で、問題は政府が…

続きを読む

恐ろしい国になったものだ。公共空間での自民党・安倍選挙演説に対する「ヤジ」発言者を警察が排除したことに思う。

札幌市で、安倍首相がおこなった選挙演説に対して、二人の市民が(別々に)「ヤジ」を飛ばした事にたいし、北海道警の警察官達が、この市民を排除した(選挙運動員ではなくて公的権力が排除)という問題が生じました。 空恐ろしいことです。 選挙演説とは、基本、多く市民に対して選挙に立候補した者がおこなう、あるいはそれを応援する者がおこなう行為です。当然、そこが駅前のような公共空間であれば、「立候補者」や「…

続きを読む

2019年労働者・生活者は、安倍・麻生の「ナチスの手法」政権に、大いに異を唱えよう。

2019年のはじめに表面化した労働統計(毎月勤労統計)のねつ造問題。ことが政策の根幹に関わる基礎統計のねつ造であることから、その問題は重大です。 しかし、これは現在の安倍・麻生政権下では当たり前のことともいえます。そもそも、安倍政権が発足した以降、どれほど多くのデータねつ造、情報操作、事実の改ざんがなされてきたことか? 「モリカケ」問題、沖縄辺野古をめぐる様々な情報操作、そして自衛隊…

続きを読む

精神科での身体拘束の倍増、これが安倍政権の「ナチスの手法」なら、空恐ろしい限りです。

気になるニュースがありました。ネット上で知った、4月8日付の読売新聞の記事です。以下に引用します。 ---------------- 精神科、患者拘束1万人超す…10年間で2倍に  精神科で身体拘束を受ける患者の数が、2013年の調査日に1万人を超え、10年間で2倍に増えたことが厚生労働省の調査で分かった。  閉鎖した個室に隔離される患者も1万人に迫り、増加を続けている…

続きを読む