テーマ:労働組合

安倍・麻生政権の嘘八百で、労働者の生活は破壊される

アベノミクスで、労働者の賃金が「21世紀に入って最も上昇した」などという大嘘が、いま暴かれています。 そもそも、「モリカケ」に象徴されるように、利権がらみの嘘とごまかしが特徴ともいえる安倍・誘う政権ですが、その看板であったはずのアベノミクスは「格差」以外の何も生み出していません。だからなのか、そもそもアベノミクスそのものの前提がそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレンジの樹リニューアル中。サイトとブログの2019年の予定。

 このブログ「おれんじの樹」に関連しているサイト「オレンジの樹」を現在、リニューアル中です。  「オレンジの樹」は、2004年10月に、ビルマの民主化運動と労働運動をテーマにいろいろ考える、ごく個人的かつ小規模なホームページとして立ち上げられ、その後、周囲の人々の協力・励ましやおだてによって、ページが増えて、それなりの「サイト」になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の「ユニオン」のこと。それ、名ばかりユニオン?でなければよいが・・

「ならんは」の個人的事情ですが、5年数ヶ月前に体調を崩して、以来2年ほどの間、ユニオン活動から退き、体調回復のための休養をとり、それ以降も、抑え気味に労働運動に関わってきました。 この間、「オレンジの樹」(webサイト)や「おれんじの樹」(ブログ)の更新がなかったりしましたが、最近ようやくかつてのペースで更新できるようになりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京統一管理職ユニオンがブログ開設

管理職労働者や高年法対象労働者の雇用問題について長年活動をしている、東京統一管理職ユニオン(本部:東京都豊島区東池袋)が、ブログを開設したとの情報が寄せられましたので、掲示いたします。 ブログのアドレスは以下の通りです。 ↓ http://mu-tokyo.at.webry.info/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎陸送争議当該のサイト開設(東京統一管理職ユニオン川崎陸送支部)

東京統一管理職ユニオン川崎陸送支部のサイトが開設されたとの連絡を受けましたので、以下にアドレスを載せます。 http://www.mu-tokyo.com/ 東京統一管理職ユニオンのサイト http://www.mu-tokyo.com/kawasakirikusou.html 川崎陸送送支部のサイト 川崎陸送では、不当労働行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットワークユニオン東京が土曜日に無料労働相談受付

労働組合ネットワークユニオン東京(NU東京)では、今年(2016年)から、この間中断していた土曜日の無料労働相談を再開しました。当面は月に1、2回の相談受付になるとのこと。 1月の土曜労働相談受付日は以下のとおりです。 1月23日(土) 13時~16時の時間帯 電話番号は03-5363-1091 まで。 なお、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のための「東京ジョブステーション」? 雇い止に労働組合が抗議。

 東京ジョブステーションという団体(代表:青山やすし、明治大学教授、石原都政時代の東京都副知事)があります。ホームレスの自立支援のため国や東京都、東京都特別区などの委託を受けて、「就業に関する相談や指導、無料職業紹介」等々を行なう、いわば働く者のセイフティーネットともいえる団体ですが、この東京ジョブステーションでいま、その職員の雇い止問…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブラック企業の行く末(ゼンショー、マクドナルドの不振は当然の結果)

過酷な労働を従業員に強いてきたゼンショー、そして「名ばかり店長」問題に見られるように、脱法的賃金で業績を上げてきた日本マクドナルドの「業績回復」がままならないと、最近のニュースは伝えています。 ゼンショーは、企業再建のための第三者委員会を設けて起死回生をはかっていますが、そもそも、労働者を使い捨て、未払い賃金の支払いを求めた労働組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラックホール企業」が出現、不可視の存在に要注意(4月1日 情報)

 主に若年労働者に対して、労働法規を無視して過重な労働を強いて使い捨てにする。いわゆるブラック企業の存在が社会問題化しています。自民党の某議員が経営者として有名な某居酒屋チェーンなどが有名ブラック企業として知られていますが、さすがに政府自公政権もこれになんなの対策をとらずにいるのは、次期選挙に向けてよろしくないということか? とにかく企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレンジの樹の労組リンクを更新しました。

管理人の「ならんは」です。 このブログの基になっているサイト「オレンジの樹」の労働組合リンクを2年ぶりに更新しました。 この間、私の体調不良が原因でなかなか更新できませんでしたが、体調が良くなってきたので2年ぶりに、全面的にリンクの確認をしました(ただし、個別企業労働組合のリンクは、まだ更新していません)。 この2年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月7日(木)~9日(土) 派遣・パートユニオンなどが関西地区で労働相談ホットライン開設

情報が届いたので転載します。 ------------- 年度末! 解雇・雇い止めホットライン 派遣パートユニオン・関西と管理職ユニオン関西の共催による労働相談ホットライン、「年度末!解雇・雇止めホットライン」(労働相談ホットライン)が、3月7日(木)~9日(土)の3日間10時~18時の時間帯で以下の通り開設されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がつくと、「おれんじの樹」は10年目。いま、ビルマには希望の光が見えて、このブログはさらに続きます

気がついたら、この「おれんじの樹」は10年目を迎えていました。 このブログで扱うテーマは開設したときから「労働組合」そして「ビルマ」が中心です。これはこのブログの基になっているHPの「オレンジの樹」も同じです。ただ、HP「オレンジの樹」のほうは、全国の労働組合「リンク集」にかなり力を入れていて(そろそろ、リンクのチェックをしなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月2日と3日にNU東京が、労働組合がない人のための春闘ホットラインを開設

労働組合ネットワークユニオン東京(NU東京)から労働相談ホットライン開設の情報が寄せられましたので、以下に転載いたします。 ※転載歓迎※ ------------------- 2012年3月2日(金)と3日(土)は 03-3341-0337 「春闘」ができない人、労働組合が無い人・利用できない人のための労働相談ホットラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保坂世田谷区長の電力入札は小さな一歩だけど、増税・棄民策しか示せない歴代政府とは雲泥の差。

新聞報道によると、東京都世田谷区が脱東電の第一歩を踏み出したそうです。 --------- 東京都世田谷区は、区役所本庁舎や小中学校、区民会館など111カ所の電気について、東京電力からの供給に限らず、各電力事業者による競争入札を実施する方針を決めた。  昨春、「脱原発」を掲げて当選した保坂展人区長の指示を受けた見直しで、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全労連の「派遣法骨抜き」についての緊急決議(2011,11,19)

当「おれんじの樹」に、全労連(全国労働組合総連合)から、11月19日の「全国集会2011」において、派遣法の「骨抜き」についての「緊急決議文」が送られてきました。民主党政権と経済界、そして連合がねらっている派遣法」の「改正」の「修正」は、単に派遣法を骨抜きにするだけではなく、「派遣労働」という労働者の中間搾取を法的・制度的に認めるものと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「派遣法改正」を修正・骨抜きとして、労働者搾取を強化する民主党・野田(震災便乗独裁)政権。

民主党野田政権は、マニフェストに掲げながらも棚上げ状態にしていた「労働者派遣法改正案」について、内容を大幅に改悪・修正し、自民・公明両党に歩み寄り、国会で成立させようとしています。 民主党野田政権が、修正した部分は「製造業派遣」と「登録型派遣」(仕事があるときだけ働かせる)を原則禁止とした部分で、修正案ではこれを全面的に削除。すな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発を推進してきて、そしてメーデー自粛。連合は労働組合をやめたらどうか?

日本最大の労働組合団体である「連合」(日本労働組合総連合会)が、4月29日に行う中央メーデーのデモを取りやめました。また、参加人員も昨年の3万5千人から1万人規模にするということです。 以下、朝日新聞のサイトから ---------------- 自粛の波、メーデーにも 連合本部、デモ行進見送り  東日本大震災による自粛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最悪の事態の中で、東電の労使は事態を明らかにすべきだ。

東電、福島発電所の事故はいまだ最悪の状態です。事故発生当時の東電や政府の説明、1週間後の説明、そして1ヶ月が経過した現在の説明を比べてみれば、事故発生当初から東電は一貫して事実を明らかにしておらず、気休めにもならない「安定」「沈静化」を言い続けてきたことがわかります。 私たちは、原発事故の事態の進行(悪化)に伴って、原発事故報道に「慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルマの軍政と東電は同じ体質。プルトニウム汚染が懸念されるいま、東電労組は自ら情報を公開を!

3月24日、ビルマ(ミャンマー)のシャン州でM6.8の地震があり多くの建物が壊れ、少なくとも80名の死者が出たとのことです。震源はタイ北部の街チェンライから北へ55マイル(89キロ)の地点。 ビルマでは軍政(軍事独裁政権)が極端に情報を隠すため(また、民主化運動弾圧や少数民族抑圧ため以外の情報分析能力もない)、正確な被害はわかりま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福島原発事故を全く無視して語らない、日本最大の労働組合組織「連合」

日本最大の労働組合組織である「連合」(日本労働組合総連合会)が、いま深刻な問題となっている福島原発の事故について、事故発生から2週間近くが経っているのに触れようとしていません。これは異常・異様なことです。これほど社会的関心を集めている事故を取り上げない日本最大の労働組合とはいったい何なのでしょうか? 一方、被災者救援のための取り組みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本プロ野球選手会の、開幕延期要望、ナイター自粛声明を支持します。

日本プロ野球選手会が、「3月25日セ・リーグ開幕決定についての声明文」を出し、セ・リーグの3月25日開幕について延期を、またナイターについての自粛を要望しました。 現在、東日本大震災の影響(東電の福島原子力発電所の事故)によって、電力供給が不安定になり、節電が叫ばれる中での3月25日開催の強行は、いかにも営業利益追求の感が強くあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シジフォスさんの「力士会は労組として八百長の必要性主張を」という正論。

「シジフォス」という、とても勉強になるブログがあります。ブログの主は労働運動一筋の方で、最近までとある労働委員会の労働側委員を務め、いまは「労働情報」などで、まさに「情報」を発信され続けています。 そのブログに大相撲の八百長問題に絡むものがありました。労働組合としての「八百長問題」のとらえ方としては、まさに正論ですので、以下に、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働相談ホットライン(関西地域)が11月11日(木)~13日(金)に開設されます。

解雇、退職勧奨、労働条件の不利益変更や、職場でのハラスメントなど雇用問題についての相談を受け付ける、労働相談ホットライン「あきらめるな! 労働相談ホットライン」が、11月11日(木)から13日(土)の3日間、関西地域で開設されます。主催は管理職ユニオン・関西、アルバイト・派遣・パート関西労働組合など。 電話相談受付時間は、各日とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メーデーは5月1日に行ってこそ。

日本で最も大きな労働組合組織である連合によるメーデーが本日行われました。東京では代々木公園に4万2千人(主催者発表)が集まったとされていますが、実数はかなり少ないと思われます。 5月1日には全労連(代々木公園)や全労協など左派組合(日比谷公園)がメーデーを行います。この二つの団体が開催するメーデーへの参加者は連合主催のメーデーより…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

企業内組合があるが機能していないという問題。3月1~3日に労働相談ホットライン

3月1日から3日まで、企業・業種・職種の枠を超えて加入できる労働組合ネットワークユニオン東京などが主催して、「2007働く困りごと!労働相談全国ホットライン」を開催しています。 毎年、2月末から3月初めの週末に開催されるこのホットラインに寄せられてきた相談で、注目すべきは企業内に労働組合があっても、それが機能しないケース、あるいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月1日~3日(木~土)に労働相談全国ホットライン開設

労働組合ネットワークユニオン東京、管理職ユニオン・関西、管理職ユニオン京滋、管理職ユニオン東海、アルバイト・派遣・パート労働組合などの主催による、07年 春の労働相談全国ホットラインが3月1日(木)から3日(土)まで開設されます。 労働相談受付の番号は次の通りです。 東日本:03-3341-0337(期間限定代表回線)  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1500人が、残業賃金ゼロにNO! 「過労死促進法」にNO!

12月5日夜。東京・日比谷野外音楽堂で「共同アピール運動」による集会が行われました。写真は「過労死促進法」ともいえる労働契約法に反対するこの集会に現れ、労働者の時間を縛り付ける「安倍首相」と、なぜかメイドさん達。 集会参加者は、このあと銀座方面へのデモを行いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のための労働審判? 制度の抜本的な見直しが必要です。

今年4月に「労働審判制度」が施行されました。この制度の施行にあたっては、労働組合運動に深く関わってきた弁護士などが、日本にもヨーロッパにおける「労働裁判」のように、迅速かつ簡単に労働者の権利救済がなされる制度が必要であると、実現に尽力してきたという経過があります。しかし、いざ労働審判が開始されると、様々な問題点が浮上してきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貸金業法改正論議に思う。労働組合はサラ金・闇金問題に対処できるのか?

貸し金業者の圧力によってか、貸し金業者への融資によって大きな利益を上げ続けている銀行業界への配慮なのか? 貸金業法改正にあたって、金融庁は28%以上の利息を9年間も認める(法律では20%が限度だから、罰則なき法律違反を9年間公認するということ)案をまとめました。また政府自民党の議員も貸し金業者保護の立場を公言してはばからないような状況…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

労働政策審議会(労政審)再開に思う--労組の役割とはなにか。

8月31日に労働法制見直しのための労働政策審議会(労政審)分科会が再開しました。労政審は「柔軟な雇用ルールを話しあうために」もうけられた厚生労働省の諮問機関ですが、厚労省側が6月に提示した「中間とりまとめ」が労働者側(一部は使用者側も)の猛反発に遭ってとん挫し中断していました。 労政審の諮問内容は新しく作られる「労働法」に強く反映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more