揺れる政局の陰で、失われるもの(どうでもよい永田氏偽メール問題と民主党)。

民主党に期待してはいけない。そもそも「ならんは」は、ディベート政治を目的にした、二大政党制など大嫌いである。 偽メール問題は、はじめから結論が見えていたので、いまやどうでもよいのである。しかし、国会や民主党や自民党が、このような些末な問題で時間を空費している(小泉内閣から見れば「空費させている」)間に、外交の蹉跌や、深刻な状態になっている所得格差の問題、弱者切り捨て・セイフティーネットの未…

続きを読む

ヒューザーとライブドア、暗部は同じ

小泉劇場は破綻のうちに幕が下ろされそうである。というより、「劇場」のセットが崩れはじめ、客が帰り始めている感じである。「金返せ!」という怒声が飛ぶのももうすぐか? ライブドアへの一斉捜査は、耐震偽装と政治家とのかかわりから、目をそらすには成功したようだ。ヒューザーの小嶋代表があれほど証言拒否を繰り返しているのに、なんとなく、問題はうやむやになりそうだ。耐震偽装はいわば大犯罪であり、それに政…

続きを読む