四の五の言わずに、野田は今すぐ衆院選を! そして民主党は速やかに敗北を。

共同通信によると「野田首相は消費税増税法案が今国会で成立しない場合の対応について衆院解散に踏み切る可能性示唆」したそうです。
そもそも、消費税増税については、きっちりと国民の審判を受けるべきです。だから筋としては衆院解散がふさわしく(そして民主党は無くなればよい)、それを、あたかも「解散権」を盾にして、消費増税を迫るやり口は本末転倒も甚だしいわけです。
野田政権は民主党政権を国民が選んだときの約束をほとんど果たしておらず、マニフェストになかった消費増税だけのためにあるような形になっています。四の五の言わずに、野田は今すぐ衆院解散すべきです。

"四の五の言わずに、野田は今すぐ衆院選を! そして民主党は速やかに敗北を。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント