厚労省の劣化と、無策は酷すぎる。「厚労省問題」は、今後の労働運動の大きな課題。

 厚生労働省って、どれほど劣化しているのだろうか?  「黒い雨」訴訟で、国の責任を認めずに控訴したことについて、加藤厚労相は、今日(8月12日午前)広島地裁判決を「十分な科学的知見に基づく判決とは言えない」と語ったそうですが、この人に「科学的見地」云々を語る資格があるのでしょうか?  アベノミクス下で、この間繰り返されてきた、数え切れないほどのデータの改ざんや隠蔽、はては人材派遣会社…

続きを読む