コロナ事態は、常に、きちんととらえ返しておくべき

まず、コロナウイルスに関する情報は常に最新をチェックすべきということで↓
山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
を、リンクしておきます。

マスメディアや政府当局が、ご都合的に垂れ流している「ガセネタ」的な情報は、時々洗い流しておく必要があります。

それと、高温多湿の季節。マスクの使用は状況に応じて!「何が何でも、いつどでもどこでもマスク」みたいな人が時折いますが、マスクは感染を広げないため、また感染を防ぐため。一人の時や、まわりと数メートルの間がある時には使用しなくてもOK。マスクをしたために体調を壊して免疫力が落ちるようでは逆効果。医療現場はコロナウイルス対応でぎりぎりの状態です。熱中症にならないようにしましょう。

ところで、日本のコロナ被害が大きくなっていない?のは「日本人は清潔好きだから」とか「民度が高いから」とかいう、おきまりの「日本は美しい」「日本は素晴らしい」的な、どうでも良い俗論が、世の中で幅を利かせています。しかし、日本が医療・防疫システムを弱めたまま、オリンピック開催にこだわったために、ウイルス対応が決定的に遅れ、そしていまだにもたついていることは隠しようがありません(そのようなシステムや為政者を選んだのも、日本の「民度」です)。日本や韓国は感染者が少なく、このことは逆にの面から見れば、今後多くの人がウイルス感染する恐れがあるとことでもあり、この潜在的リスクは心配です。

いま、押さえておくべきことは以下の通り。

1.世界中に拡散している進行コロナウイルスによる問題は、依然として薬もワクチンも無い状態であること。そして、今回のコロナ事態は、新興コロナ感染症そのものよりも、この感染症がきっかけとなって起きた、金融市場の混乱と交通の遮断による経済活動の停滞、さらに先進国から途上国までの格差問題(差別問題)も大きく、これがが一体となって歴史的な「2020年コロナ危機」となっていること。

2.日本やアジア(中国含む)で、問題が深刻化しないのは、なにがしかの「ファクターX」があるのではないか?ということ。それは、「日本の民度」とかいうレベルのことではありません。ファクターXはやがて明らかにされるはずですが、そのときは、新興ウイルス感染症としての「コロナ対策」の根本が変わるかもしれません。

3.日本の政府は、国民に「自粛」とか「新しい生活」とかを求めるだけという、無策であり続けているということ。

4.そして、この「コロナ事態」のなかで政権周辺には、大儲けをする者たちがいること。これは、アベノマスク問題と給付金問題に象徴的です(実際は「オリンピック利権」問題でもあった)。

 アベノマスクは、その回収とか、他者への配布とかが問題に上がっていますが、わたしは、そもそも「そのマスクって、誰がつくって、どこに保管されていた?」ということに、大いに疑問を持つので、人に譲るような恐ろしいことはしません(当然、自分でも使いません。ただ、「負のレガシー」として保持しているのみです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント