「上級国民」のみが権利と富を持つ? それは日本の「韓ドラ」化かな?

東京・東池袋の痛ましい交通事故。あの道は、私も良く通る道(車でも、歩きでも)です。時間帯からいっても、被害に遭われた方の幾人かとは、きっと道ですれ違いもしているだろうと思うととても悲しい。

あの場所は、渋滞もなく、池袋方向から来ると急に道が開けたような感じにあるところで、加えて池袋の原色の世界から「街の色」が落ち着くところ。しかしそれは視認性が悪くなるということでもあり、運転をしているときは。いつも注意力をアップさせていた場所です。

高齢者といえ異常な事故。しかも、当初はこの間多く発生していた。高齢者の事項とは違い「ブレーキを踏んでも利かなかった」みたいな、「加害者」の主張がマスコミから、繰り返され伝えられていました。まるで、車に欠陥があるみたいに聞こえていたのは私だけではないはず。

で、加害者はもと官僚、そして天下り、そして大企業役員を歴任しています。これは多くの人は後でわかったことですが、マスコミは早くからこのことを掴んでいて、しかも、そのことは伏せられた。忖度です。

WEB上、そして居酒屋上でもこの話題で賑わいます。「上級国民」は逮捕されないのか? 彼らは結局許されるのか?

振り返れば、いつからこの様な国になったのか? 前安倍政権から小泉政権であらわになった、格差社会から? もちろん日本は格差社会になっています。これは世界的な資本主義の動き、「富の偏重」が日本にもあるということ。第一、今の日本の国会議員のほとんどは世襲の恵まれた階層から生まれています。その最たるものが麻生一族、岸・安倍一族です。

しかし、それも、ここではあえて問わない。それは日本の国民が選挙で選んだわけだから。

問題は、モリカケ、さまざまなデータ偽装、官僚の不正・嘘が、ここ数年間であまりにも奥くて思い出せないほど次から次へと現れても、それを追及しないマスメディア(スポンサーには逆らえない)、開き直りが当たりまえな当事者たち・・・・。これはいくらなんでも、何かが壊れた社会。「日本」は一線を越えてしまったのではないか? という事態です。

そうそう、オリンピックを巡っても、国立競技場問題(利権や、過重労働死や)ああり、IOCの誘致・賄賂問題があり、さらに様々な「体育業界」の暴力問題がありましたが、オリンピックが自らの最大利益になるマスメディアは、これらの問題を適当に切り上げています。

うーん、こういう世界は「韓ドラ」の中で描かれている腐敗しきったかの国の富裕層(それは現実を反映しているのだろうけど)の姿とまったく同じ。 わたしは「嫌韓」の安倍政権のあり方がもっとも、かの国の富裕層のあり方に近く感じてしまうのです。近親憎悪でしょうか? 

最後に、東池袋の事故。あの場所で信号無視、暴走は、たとえ大惨事にならなくても私がやったら完全に逮捕ででしょう。それは、私がおそらく下級国民だから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック