連合の3.11「2周年談話」に驚き。原発の「げ」の字も無い。連合は原発事故も「風評被害」とする?

3.11東日本大震災から2年が経過しました。

未だに進まない被災地の「復興」(しかし、被災地以外では便乗とも言える「復興予算」が消化され続けています)、いつになるのか?それは可能なのか全く目処が立たない原発事故後の処理(除染、核燃料処理)、そして大震災以降、これを政治的に「国土強靱化」などという言葉で塗り固め、新たに原発を容認しかつ輸出座産業としようとする安倍政権の動向などを目の当たりにすると、いったい、政府は3.11からなにを学んだのか、そしてなにが大きく問われたのか? と強く感じざるを得ません。

安倍自民党政権の基本は、かつての自民党政治にありますが、いま、安倍政権は原発推進、改憲というかたちで震災からの「復興」を語りつつ、その実まるで震災など無かったかのように振る舞っています。

ところで、このようなときに日本の労働組合の「代表」を自認していると思われる、「連合」はどうしているでしょうか?
政府が「賃上げ」を語たる今日、「連合」はすっかり労働者の代表として影が薄くなりましたが、それでは、3.112周年に当たって、いかなる見解を示しているか? 滅多に見ない連合のホームページを見てみました。

そして、驚きました。

連合は3月11日に、連合の談話「東日本大震災から2年を迎えて」との談話を出しています。しかし、そこには東日本大震災をの大きな要素である原発事故について、全く一言も触れていません!

信じられないけど、これは事実です。しかもこの談話を出したのは南雲事務局長。言わずとしれた電力総連、すなわち原発推進の企業内労働組合出身の人物です。

このブログでも幾度か触れてきましたが、やはり連合は「原発事故災害」そのものを「風評被害」と位置づけているとしか思えません。いま日本の、いや世界のどこに東日本大震災について福島原発事故を除いて語る人がいるでしょうか? それを平然と行うのが連合!

原発事故を語ると、その責任(企業内労組の責任も)、現実に起きている放射能汚染問題、除染問題(その作業に従事している「非正規労働者の問題」含む)等々、電力総連としては語りにくい事柄が多いのは、理解できます(だから、当事者労働組合はよけい語らなければならないはず)、しかし、一切語らないとは!

このことひとつをもって、連合は電力会社のものと言い切れます。

連合談話は「震災を風化させない」と語りますが、その談話自体が原発事故をもっとも風化させたいという意図に満ちています。


*連合3.11談話↓
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2013/20130311_1362739758.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック