2月21日(土)夜に、ビルマ市民フォーラム例会

以下、記事の転送です。

■第55回ビルマ市民フォーラム例会のご案内

<2月21日(土) 18時~/ 東京・池袋>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
外国人労働者は今・・・

在日ビルマ人・外国人労働者のおかれている状況について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆日時=2009年2月21日(土)午後6時~午後8時30分
   *午後5時45分開場

◆会場= 池袋・ECOとしま(豊島区立生活産業プラザ)
        8階 多目的ホール
*所在: 豊島区東池袋1-20-15、Tel 03-5992-7011
*交通: 池袋駅東口徒歩5分
地図:http://www.city.toshima.lg.jp/shisetsu/shisetsu_community/005133.html

◆資料代= 200円(会員)・500円(非会員)
◆定  員= 80名 (事前申込み不要/先着順)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
次回、PFB例会では、以下、2つをテーマに実施いたします。参加申込は不要です。ぜひお越しください。


■「在日ビルマ人や外国人労働者のおかれている状況について」
…ティンウィン(在日ビルマ市民労働組合会長/PFB運営委員)

昨今の経済危機により、日本人のみならず多くの在日ビルマ人や在日外国人も厳しい状況におかれています。昨年末には日本人の雇用などに関する報道が大きくなされましたが、その影で、多くの在日外国人労働者もまた、日本人よりもさらに厳しい状況におかれています。こうした状況や在日外国人労働者の思いを多くの方に知っていただくため、ビルマ人の労働組合の会長として日々様々な相談や対応に追われている在日ビルマ難民ティンウィンさんに、ビルマ人のみならず、群馬県を中心にした外国人労働者の状況について、お話ししていただきます。

■「在日ビルマ難民のおかれている現状と展望(仮題)」

…渡辺 彰悟(弁護士/ビルマ弁護団事務局長/PFB事務局長)」

2008年のビルマ人難民認定申請者の状況について報告します。また、日本政府は昨年、紛争や弾圧を逃れて他国に避難している難民を受け入れる「第三国定住プログラム」の開始を正式に決定し、2010年
にはタイの難民キャンプで暮らすビルマ難民30人程を日本に受け入れるわけですが、そういった新しい動きも含め、日本の難民認定制度における今後の課題や展望を話します。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック