中越沖地震は想定外? 柏崎原発の火事に際して「消火にあたっている」という嘘は一目瞭然。

台風に地震、日本列島は天災に見舞われることが多いのです。だからこそ壊れると危険な施設や建物を建設するときには十分な注意が必要なのです。

しかし、今回の中越地震では柏崎原発のシステム・管理体制の脆弱さ、というよりデタラメさがよく分かりました。

変電施設からの火災が発生し、その様子は報道ヘリコプターによって放映されていました。
だれも消火活動などは行っていない状況です。人が一人も映っておらず、火の手が上がっている状況が、しばらく映し出されていたのですが、なんと、マスコミの問い合わせに対して東京電力側は「消火活動中」を繰り返していたのです。

これほどまで嘘が堂々とつかれているという例はあまりないと思います。原発火災というのはきわめて深刻な問題です。まかり間違えば取り返しがつかない大事故につながります。だからこそ、正確な情報と適切な対応が求められるのですが・・・。

原発関係施設というのは出入りが厳重にチェックされているはずです。また、内部情報もそれに伴って外には出にくいのですが、そのことと、現実に起こっていることを嘘でごまかすこととはまったく質が違うことです。原発事故の度に、ずさんな管理や嘘の報告の問題が表面化しますが、今回の柏崎原発でもそれは繰り返されました。今回は言い逃れができません。全国の人たちがテレビで見ていたのです。

東京電力は、今回のような揺れは「想定外であった」としていますが、全く話になりません。大きな被害が出たとは行っても、今回の地震は巨大地震ではないのです。今回は放射能を帯びている水が海に流れたともいいます。もしより大きな地震が来たら・・・。それも想定外なのでしょうか? 原発を無理矢理建設するために、どこか地震のない国・地域の基準を援用しているのでしょうか?

嘘をつきすぎると、なにが本当か分からなくなります。大きな嘘のもとでは小さな嘘が当たり前になる?

電力会社や政府は、現在、原発が稼働しなくなると。猛暑が予想される夏には電力が不足する云々と言い始めています。きちんと時間をかけてのチェックを避けるためと思えてしまいます。

大地震は想定外で、猛暑は想定内? ご都合主義にもほどがあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック